もうすぐ こどもの日ですね~

子どもたちが製作したこいのぼりを紹介します。

年齢別・発達段階に応じた技法で製作・・・

こいのぼりのように元気におおきくなあれ~

2日には、お家に持ち帰ります。飾ってもらえたらうれしいです。

1・2歳児

うろこは、のりでペタペタ&スタンピング

3歳児

うろこはおりがみ、のりでヌリヌリ

4歳児

はさみを使って切り紙に挑戦

5歳児

指先が器用になり、いろいろな技法でひとりでがんばりました。

0歳児

さいごにかわいい作品を紹介します。

0歳だって製作に参加します。

足型ペッタン!!

 

 

 

 

2018年5月1日日向保育所からのお知らせ



じゃが芋を植えました!おっきくな~れ!

 

2018年4月28日玉川保育所からのお知らせ



~未来へつなぐ明日への扉~

 3月6日(火)東日本大震災大津波記念碑建立イベント!!

 

 モニュメント制作に、未来を担う子ども達が参加することで、村民にとってのモニュメントへの思い入れや親しみが増し、伝承や追悼の意味がより高められるということから、村内の保育所の年長児が参加!!

 ドアの形状をしたモニュメントをくぐる道は、色とりどりに輝く未来への道をイメージし、子ども達が小石並べに・・・

  

 石の数は、1674個あり、これは震災時の野田村の全世帯数となっているそうです。

 ちなみに、記念碑の高さは3.11メートルとなっているそうです。

 

  そして、記念碑をデザインした方からの記念碑に込められた意味の聞くことができました。

     この石碑は、海に向かって扉が開いた形をしています。これは、

 『おかえりなさい』…亡くなった方と心の中でお話する場所、追悼の意味)

 『ただいま』…(故郷にいつでも帰ってきて下さいという意味)

 『いってきます』…(明日に向かって一歩踏み出すという意味)

という意味が込められたデザインになっていると教えて頂きました。

 3月11日には記念碑の除幕式も行われましたね~!!

 

 

 あの日のことを決して忘れず、二度と村民の命を失わないように、あの日の悲しい教訓をずーっとずっと語り継いでいってほしいと思います 

 

 

2018年4月27日野田村保育所からのお知らせ



4月のお誕生会

お誕生日 おめでとう!

4月26日 月1回のお誕生会を行いました。

 

4月生まれのお誕生会 誕生児は1名

すこし照れ気味の誕生児・・・はにかむ顔もかわいい

ペープサート ヤダットちゃんのかくれんぼ

お友だちがバースディカードをプレゼント

担任の先生にハグされ「おめでとう~」

みんなで会食 「ハンバーグおいしいね~」

笑顔がいっぱい

おいしいがいっぱい

来月も楽しみだね。

 

 

 

 

2018年4月26日日向保育所からのお知らせ



玉川保育所  入所と進級を祝う会

30年度、園児22名でスタート!!

歌・手遊び 「春ですね、春ですよ」

楽しく、元気よく歌えたよ~

 

ダンス「まわりまわ~る」・・・みんな、大好きなダンス

DJポーズがきまっているでしょ!

人形劇 「赤ずきんちゃん」・・・職員の出し物です。

おやつ・・・ジャムサンド・りんごジュース

「おいしいねぇ~」「おかわりする~」

和やかな雰囲気で、終えました。

今年度もよろしくお願いします。

 

2018年4月5日玉川保育所からのお知らせ



30年度スタート!!ひなたっこ32名 みんなげんきで~す

4月4日入所と進級を祝う会を行いました。今年の新入児は4名                                            親子での参加にどの子も笑顔いっぱい・・・

 

歌・手遊び・クイズで盛り上がりました。

 

     明日からも笑顔いっぱいで過ごせますように~

2018年4月4日日向保育所からのお知らせ



親子ふれあい保育参観H30.2.24

2月24日(土)保育参観が行われました!!

親子でのふれあいを楽しみながら、おひな様製作をしたり、卒園フォトブック作り、そして、この日は、講師の方をお招きし、3歳以上児は親子で体を動かして遊ぶなど、親子でのふれあいの保育参観となりました。

 

ご両親での参加が多く、パパさんたちの参加も多くて、本当に嬉しい限りでした!(^^)♪♪

 

【0・1歳児】は親子でのふれあい遊びを楽しみました!!

         

【2.3.4.歳児】は、親子で一緒におひな様作り~♪♪

  

    (2歳児)      (3歳児)       (4歳児)

親子で会話したり、相談し、一緒に楽しみながら製作している姿が印象的でした~♥♥♥

 

【5歳児】は、卒園フォトブック作り~♪♪

思い出を振り返りながら、書いたり、可愛くレイアウトしたり、思い出に残るものを……と、どの親子も真剣!!!!!!

出来上がりが楽しみ~

  

講師:岩手県スポーツ振興事業団 スポーツ指導員 坂本  氏

                                                                                                 伊藤  氏

講師の先生を招いての親子ふれあい運動では、普段体を動かすことのない保護者の皆さんも親子で一緒に体を動かし、皆さん、『暑い!暑い!』と汗をかきながら楽しんでいました!!

子ども達は、パパとママと一緒に体を動かし本当に楽しそうパパやママもわが子と一緒にふれあい笑顔がいっぱい!!が、し・か・し、普段使わない筋肉を使い、次の日は筋肉痛に襲われたのではないでしょうか!?(笑)

  

    

 

 

 

 

 

 

 

そして、その後はおやつの試食会を兼ねながら、保護者の皆さん同士でふれあいを楽しむ、“保護者カフェ”!!!!!!

  

 

 

この日のメニューの『チョコレートケーキ』は、2月の献立表の給食だよりにレシピが掲載されていますので、ぜひ、ご家庭でも作ってみて下さい!!

 

 

~講師のスポーツ指導員の方のお話から~

できるできないではなく、運動神経を刺激してあげることが今の時期は大切だそうです。

例えば、逆上がりでは、“くるん”と回る感覚だけを今は経験させてあげることだけで良いそうです。リズム感覚なども今の時期にたくさん刺激してあげることも大切であるそうですよ~!!

 

自分で見たものを真似するだけで

 『見る』⇒『考える』⇒『行動』といったプロセスを踏んでいるそうです。

ごっこ遊びや真似っこ遊びなども、このようなプロセスを踏んでいるんですね~!!

 

普段、子ども達はフラットなところでしか遊んでいませんが、保護者の皆さんがお山になり、その上を子ども達が渡るという遊びは、デコボコのところを歩くことで、平衡感覚や力の入れ具合などを養うことにもつながるそうですよ!!

 

 

親子でふれあう姿、おばあちゃんの参加もあったり、子どもとママがふれあう姿を撮影するパパさんの姿も見られ、私たちもほっこり笑顔になりましたv(^^)v

 

子ども達の笑顔はいつも以上に弾けていました!!

 

 お忙しい中、たくさんのご参加をいただきまして、本当にありがとうございましたm(__)m!!

2018年3月3日野田村保育所からのお知らせ



“笑顔いっぱい☺”“キラキラいっぱい☆彡”作品展示会!!

 2月19日(月)~24日(土)までの1週間、作品展示が行われました!!

 
 

    どのクラスも様々な作品が飾られ、子ども達も飾られた作品を見て、『〇〇作ったよね!』等、子ども達同士でも会話を楽しみながら、思い出を共有している姿も見られました。

 飾られた作品を見ると、4月からの大きな成長を感じ、嬉しく思います。また、その時の製作の様子などの写真も飾られ、顔だちもずいぶんとたくましくなり、心身ともに大きく成長していることを改めて実感しました!!

 

   ※写真はほんの1部ですが、ご覧下さい!!

 ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

       

 

     

    

    

    

 

 

 

3歳児以上児が作った【夢灯り】!!!!!!

暗いところで灯す夢灯は、本当にきれいで心癒されるひとときになりますよ~♥♥♥

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 どの作品にも思い出があり、どれも個性あふれる素敵な作品ですので、お子さんの成長の思い出として、大切に保管して頂ければ・・・と思います。

 

2018年3月3日野田村保育所からのお知らせ



H29年度 育児講座「親子体操」をしました。

1月27日(土)に待ちに待った親子体操!!チームファンタジスタのメンバーの方が講師としておいでくださいました。

 

野田村保育所においでくださるのは2年ぶりだそうで野田塩ソフトや野田塩を楽しみにしていたとのこと(#^^#)

今回はなんと13組31名とたくさんの参加でした👏

 

そして、今日は特別に土曜日保育のお友達も参加できるということでわくわくソワソワ♪

 

講師の方々もとても喜んでくださり早速、親子体操に移ります。ギター演奏に興味を示す子ども達で「ギターだ!!」「すげー」と

興奮気味でした。

 

音楽に合わせて体を動かし身体計測をしたり、バスごっこで親子や友達同士で楽しめるふれあい遊びも行いました。

ダンスでは「ラーメン劇場体操」、「お地蔵さんがね」、「からあげ体操」など、いっぱい体を動かす子ども達!!

お二人の魅力に引き込まれ大人も思わず笑顔になります。

お父さんの参加もあり、抱っこや高い高い等でダイナミックな遊びができ、こういう遊びもおもしろいなぁと改めて感じていただけたようです。

 

飽きたらベビーコーナーで休憩。それぞれの年齢に合わせて無理なく参加することができたようにも思えました。

最後にチームファンタジスタのお2人と記念撮影をして実技講座「親子体操」を終えました。

皆さん帰ろうと思ったら「チームファンタジスタより、今日行った体操の歌が入っているCDを販売します」とのお知らせ。

保護者との会話で「お家でもできるならやりたいね」と話し、CDを買い求める参加者の方も見受けられました。どの曲がいいか悩みながら買っていくお母さんお父さんたちでした。

2018年2月22日地域子育て支援センター



保育士研修『選ばれる園になるための安全対策・事故防止策』 講師  弁護士 保育士 柴田 洋平氏

1月28日(日)

 

法人の3施設の全職員が参加し、研修会が開かれました。

 

柴田法律事務所 弁護士・保育士の柴田洋平氏を講師にお招きし、

『選ばれる園になるための安全対策・事故防止策』という演題でお話して頂きました。

 

 

 

 

 

講演内容は

1.事故予防の基本的な考え方

2.実際にあった重大事故

3.重大事故発生時の対応

4.安全のための体制づくり

という大きく4つの柱に分け、お話して頂きました。

 

 

 

 

 

遊具での事故、うつぶせ寝やプールでの死亡事故、また食物アレルギーでの死亡事故など、様々な場面での過去の重大事故・裁判事例など挙げながらのお話で保育士・調理員・看護師などそれぞれの職種の責任の重さを痛感させられました。

 

お話を聞き、

『うちの園は大丈夫』『良い保育をしていれば重大な事故は起きない』ということではなく、園を取り巻く環境・子ども・保護者・職員はどんどん変わっていくため、

『絶対に大丈夫ということはない』(正常性バイアス)という気持ちを持ち続け、

私共一同、今回の研修で聞いたことをこれからに活かし子どもたちが気持ちよく、楽しく過ごせるような保育所生活にできるよう取り組んでいき、安全面でより良い園になるための継続的取り組み、豊かな保育の実現・選ばれる園へなれるよう日々の努力を怠らないようにしていきます。

 

実際にあった重大事故や裁判に携わった弁護士の柴田洋平氏のお話は、私たちの心に強く響き、日頃めったに聞くことのできない貴重な講演となりました。

 

                      
                                                               

最後に

 1 『うちは大丈夫』ということはない。事故のニュースのたびに見直そう。

 2 安全の確保、備えに終わりはない。取り組みをやり続けよう。

 3 重大な事故発生時、人命救助と記録作成だけは取り返せない。備えよう。

というお言葉をいただき野田村保育会職員一同、よりよい保育のため邁進していきたいと思います。

2018年2月17日野田村保育会からのお知らせ